FC2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

訪問数 since2012.04.01
月別アーカイブ
検索フォーム
2019年のJ1は残り2節。

32節終了時順位
①横浜FM 64 +24
②FC東京 63 +20
③鹿島 60 +25
―――――↑ACL
④川崎 57 +25
~~
⑬浦和 36 -15
⑭鳥栖 36 -18
⑮清水 36 -24
―――――↓入れ替え戦
⑯湘南 32 -24
―――――↓J2降格
⑰松本 30 -16
⑱磐田 28 -20


上位チームの残り試合

11月30日 第33節
FC東京×浦和
川崎×横浜FM
鹿島×神戸


12月7日 最終節
横浜FM×FC東京
名古屋×鹿島


最終節で優勝争い天王山の対決!!
これは素晴らしい日程。
もし最終節までもつれたら恐らくJ1史上初の優勝争い最終節直接対決ですね。熱い!

既にチケットは完売しているそう。
凄い試合になりそうだ・・・


下位も最終節に松本×湘南という直接対決が。
こっちも凄く熱い試合になるに違いない。

スポンサーサイト



2019/11/27(水) 09:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
J2はレギュラーシーズン終了。

最終節で柏に続いて横浜FCが久しぶりにJ1昇格!
俊輔、カズ、レアンドロドミンゲス等のレジェンド勢がまたJ1で見れますね。
ベテラン勢だけでなく若手も台頭してる横浜FCの来季が楽しみ♪


プレーオフ争いは今年も最終節のアディショナルタイム時でもどうなるか分からない状態で面白かった。
結局大宮、徳島、甲府、山形のJ1経験チームがプレーオフに臨める事に。

6位山形と7位水戸が勝ち点・得失点まで同じで、得点数の多さでわずか3多かった山形がプレーオフ行き。
得失点があと1多ければプレーオフ行けた水戸は悔しい結果でしたね・・・


下位はこれまた最後まで分からない状態でしたが、結局鹿児島が21位でJ3降格の可能性有り。
栃木と町田は最終節執念の勝利で降格回避。

J3の2位争いが藤枝と郡馬で、もしJ2ライセンスが無い藤枝が2位フィニッシュだと鹿児島はそのままJ2残留。
郡馬が2位だと鹿児島と入れ替え。
鹿児島は全力で藤枝応援ですね。


という最終節の色々な争いを全て吹き飛ばしたのが・・・
柏13-1京都

どこかでゴールが入る度に映像が入ってくるDAZNのザッピング番組「Jゾーン」を見てましたが、次々柏のゴールシーンが入ってきてビックリ。

10点の時点で既にJ新記録。そこから更に3点加えて記録大幅更新。
1試合8ゴールのオルンガもJ個人記録大幅更新。

京都は勝てば昇格プレーオフ行ける可能性があったので失点後、玉砕覚悟で攻撃しにいった結果ですかね?
で、恐らく4~5点決められて気持ちが切れてしまった、と。

ボール支配率は京都55%、柏は45%なんですよね。
柏のカウンター恐るべし・・・

そしてオルンガとクリスティアーノがダブルハットトリック。
Wハットもあまり記憶に無いですが過去に3回あるんですね。

磐田・奥、高原(1998年)
浦和・永井、山瀬(2004年)
G大阪・フェルナンジーニョ、マグノ・アウベス(2006年)

13年ぶりですか。ちなみにJ2では初。


J2レギュラーシーズンは終わりましたが、この先のプレーオフとJ1J2入れ替え戦も楽しみです。

2019/11/25(月) 21:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
~2019 J2 41節~
①柏 81 +40
②横浜FC 76 +24
――――↑J1昇格
③大宮 74 +22
④山形 70 +20
⑤徳島 70 +19
⑥甲府 68 +22
――――↑プレーオフ
⑦京都 68 +15
⑧水戸 67 +18


1試合を残して柏レイソルが2019J2優勝&J1昇格!
もう1枠は横浜FCが1歩リード。
6位争いは今年も熾烈。

注目の上位陣の最終節(11月24日)は・・・
横浜FC×愛媛
金沢×大宮
山形×町田
徳島×山口
甲府×琉球
柏×京都
水戸×岡山

上位直接対決は1つも無いんですね。
DAZNでザッピング番組のJゾーンやってくれないかな。
あれならリアルタイムで全試合の動向が分かるのですが・・・J2だけではやらないかな?

2019/11/16(土) 21:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2019 J2順位(2019.10/14現在)
①柏 69 +29
②大宮 63 +18
――――↑J1昇格
③横浜FC 61 +21
④山形 61 +19
⑤京都 59 +11
⑥甲府 58 +18
――――↑プレーオフ
⑦徳島 58 +10
⑧水戸 57 +15
⑨岡山 57 +2
⑩長崎 53 +1
・・・


残り7~8試合。
柏が頭1つ抜けてますがその下の2位争いと6位争いは今年も熾烈。

注目したいこの先の上位争い直接対決を調べてみました。


10/19(37節)
京都×横浜FC

11/2(39節)
大宮×柏
水戸×山形
11/4
京都×甲府

11/16(41節)
岡山×横浜FC

11/24(42節最終節)
柏×京都


・・・上位直接対決、岡山までの9チームを対象にしたら意外と少ないですね。
という事はこの先の中位~下位相手の試合を取りこぼさなかったチームがJ1の切符を掴み取るのでしょうか。
10位長崎、11位新潟も勝ち点3を重ねられればチャンスがありそう。

終盤のJ2にも注目です。
2019/10/14(月) 10:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ふとJ3の順位を見てみたらなかなか凄い事に!

①郡馬 49 +22
②北九州 49 +15
―――――↑J2昇格
③藤枝 49 +11
④熊本 46 +6
⑤富山 42 +15
⑥鳥取 39 -7
(2019.10/13現在)


4チームが勝ち点3差で2枠争い。
しかも3チームが同勝ち点。熱いですねー。

まだ8試合あるので富山も射程圏。
1試合勝ち点1と言われているので10差ある鳥取は少し厳しいですかね・・・


上位5チームの直接対決はまだまだたくさんあるもよう。

10/20 (27節)
熊本×藤枝

10/27 (28節)
郡馬×富山

11/4 (29節)
郡馬×熊本

11/10 (30節)
熊本×北九州

11/17 (31節)
郡馬×北九州

12/8 (34節最終節)
藤枝×北九州

2019/10/13(日) 19:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 
<J1>
<J2>

<J3>
 

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表