プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー
ツイッター

訪問数 since2012.04.01
検索フォーム
<Pacific Rim Cup2018/USA(ハワイ)>
コンサドーレ札幌(J1)
いわきFC(東北社会人リーグ2部)
コロンバス・クルーSC(MLS)
バンクーバー・ホワイトキャップスFC(MLS)

の4チームで行われた国際親善大会。
長年頓挫していたハワイでの国際大会を昨年話題になったいわきFCのメインスポンサー・株式会社ドームが大会スポンサーに名乗りを上げ、復活して行われたようです。

いわきFC0-1バンクーバー
札幌3-2コロンバス

-3位決定戦-
いわきFC3-5コロンバス
-決勝-
札幌1-0バンクーバー


試合は大会公式サイトでネットライブ中継していて、3位決定戦と決勝は日曜の日中だったので見てました。

決勝は両チームなかなかシュートチャンスもない中迎えた後半40分頃、福森のフリーキックがバー直撃→詰めていた内村ヘッド→都倉が押し込みゴール。
で札幌が優勝!

その前に行われたいわきFCの試合は打ち合いで面白かった。
いわきは地域リーグ2部だから6部相当ですよね?
とてもそうとは思えない強さでした。
ご存じの通り全員ガチムチなので、身体寄せでMLSの選手を吹っ飛ばしてましたし(^^;

この大会来年以降もやってほしいですね。

スポンサーサイト
2018/02/11(日) 16:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<2018アジアチャンピオンズリーグ プレーオフ>
柏レイソル3-0ムアントンU(タイ)

ムアントンは去年決勝トーナメントまで進んでる強豪なので難しい試合になると思ってましたがその通り、前半は0-0。
後半は伊東純也&クリスティアーノの活躍で点を重ねて見事勝利!
伊東は1ゴール2アシスト。やはり攻撃面は素晴らしいですね。

中盤真ん中に入った大宮から移籍の江坂はかなり攻撃にからんでましたが、フィニッシュが・・・


グループステージ東地区組み合わせ
グループE
全北現代モータース(韓国)
傑志(香港)
天津権健(中国)
柏レイソル(日本)

グループF
川崎フロンターレ(日本)
蔚山現代(韓国)
メルボルン・ビクトリー(豪州)
東地区プレーオフ勝者

グループG
広州恒大(中国)
セレッソ大阪(日本)
済州ユナイテッド(韓国)
ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

グループH
シドニーFC(豪州)
上海申花(中国)
鹿島アントラーズ(日本)
東地区プレーオフ勝者

グループステージ
2月13~14日
2月20~21日
3月6~7日
3月13~14日
4月3~4日
4月17~18日

本戦ストレートイン数はJ3 K3 C2 豪州2 タイ1 香港1なんですね。
ここ数年の成績とかで決まる国別リーグランキング。
この順で参戦チーム数が振り分けられるようで、Jは今回も2位だったようです。
まあ去年浦和がACL優勝したとはいえその前数年が酷かったので仕方ないですね。
まだ3位のCよりギリギリ上で良かった。けど今年の成績次第では危ないな。
3位になると2チームがストレート、2チームがプレーオフからになってしまうので、なんとか2位以上を死守してほしい。

リーグランキングはこちらに載ってました↓
wiki「AFCチャンピオンズリーグ2018」

2018/01/30(火) 21:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
AFC U-23選手権2018/中国
決勝T 1回戦
日本(U-21)0-4ウズベキスタン

惨敗。
テレビを付けた時点で既に後半途中0-4になってて( ゜Д゜)ポカーン でした。
しかもその時点でシュート1本。え??
グループリーグでの粘り強さはどこへ?
その後も個のミスが多すぎて相手は楽そうでした。

結局シュート3本(枠内0)というスタッツ。90分で枠内ゼロ・・・
100%ベストメンバーではないとはいえこれはドイヒー。
2020東京五輪大丈夫か?
2018/01/20(土) 18:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
AFC U-23選手権2018/中国

東京五輪世代強化のためU21で臨む日本はグループ3連勝!
日本1-0パレスチナ
日本1-0タイ
日本3-1北朝鮮

準々決勝は1/19 17時~日本×ウズベキスタン
準決勝は1/23、決勝が1/27。

準々決勝、先月の親善大会で敗れてる(PK負け)相手ですね・・・
まあメンバーはこちらも向こうも違うと思うので参考程度ですが。

連覇目指して頑張れ~

ってか中国、ホスト国なのにグループ敗退したのか・・・

2018/01/16(火) 19:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2017シーズン締めくくりの第97回天皇杯はセレッソ大阪優勝ー!


プレーオフでなんとかJ1昇格後、即2冠とは凄い。
清武、柿谷、山口螢やソウザなどメンバーは良いとは思ってましたが、ここまで結果を出すとは。
監督の手腕かな。

プレーオフ枠のチームは今までかなり弱かったので、この活躍が1年早ければ「J1昇格プレーオフ勝ち抜いてもその後入れ替え戦をやらなければいけない」という決定にはならなかっただろうになあ・・・


これでJ1で4位だった柏が罰ゲー・・・もとい、ACLのプレーオフからの出場権獲得。
ACLはせめて準々決勝あたりまで勝ち進まないとホント罰ゲームみたいな感じになるので頑張れ~。
しかし始動(初戦)が1月30日って日程キツいな^^;
2018/01/01(月) 21:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 
<J1>
<J2>

<J3>
 

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表