FC2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー
ツイッター

訪問数 since2012.04.01
検索フォーム
前回ストーリー→集結!海賊大戦争!

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga566.jpg

巨大アビスに身を投じた白銀の皇帝たちは闇に侵されてしまう。
ensaga567.jpg
ensaga568.jpg
ensaga569.jpg

悪行を重ねる皇帝にセルマが抵抗するもエメラルドに背中から切られてしまう。
ensaga570.jpg

その時、闇の渦が現れ皇帝たちは冥府に引きずり込まれる。
ensaga571.jpg
皇帝「生贄?キャットとエメラルドを殺せ、と?」
デス「魂を分かつ者......今のままではお前と奴はひとつにはなれぬ。さあ、二人を祭壇へ。完全な闇に堕ちろ。」
二人を差し出そうとする皇帝。
そこへ闇に侵されていないロックブーケたち七英雄が現れ皇帝たちを攻撃。
・・・
皇帝「......私はいったい......?!」
エメラルド「い、今まで、なにを......?!」
ensaga572.jpg
ノエル「ロックブーケ、デスは逃げた。後を追うぞ。確かめねばならん。」
・・・
ノエル「やはり、倒したのはデスの幻影か。実体はすでに、暗黒の平原に在るようだな。」
皇帝「ロックブーケ、セルマは......死んだのか?私は娘を殺したのか?」
ロックブーケ「在るべき世界......未来に帰っただけだ。」
ノエル「セルマの滞在は、もとより制限時間つきだった。いずれ戻らねばならぬ定めだ。」
ダンターグ「ムダ話をしている猶予はないはずだ。」
ノエル「.,.....ああ、そうだな。皇帝、ついにその時が来た。」
皇帝「その時......とは?」
ノエル「破壊神サルーインがこの世界に現れ、実体化する。倒さねばならぬ......なんとしても!」

破壊神サルーインの復活を阻止するため、皇帝は、七英雄と共に暗黒の平原に向かった。
だがそこはサルーインに復活の力を捧げる魂の捕食者が増殖していた。

次回ストーリー「死線!魂の捕食者!」
スポンサーサイト
2015/01/25(日) 12:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回ストーリー→ロマンシングサ・ガ3ZERO

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga558.jpg

白銀の皇帝はサンゴ海にできつつある巨大アビス誕生を阻止するため海賊達を集めて出撃
ensaga564.jpg
ensaga560.jpg
ensaga565.jpg
ホーク「そうだな、帝国の海を守るのは大役だ。選ばれた海賊でなければ、務まらない。ならばここは、俺が留守番を。」
ゲラ=ハ「いえ、キャプテンは皇帝と共に行くべきです。留守は私にお任せください。」
ホーク「いいや、俺が残るぜ。」
ゲラ=ハ「私が残りましょう。」
ホーク「俺が残ると言ってるだろ。」
ブッチャー「......待て!やはり......俺が留守番しよう。」
ホーク・ゲラ=ハ「どうぞ、どうぞ。」
ブッチャー「......え?あ!貴様ら、俺をハメたな!」

途中、フォルネウスに襲われるも撃退し、ハーマンが元の身体・ブラックに。
ensaga562.jpg

黄金の皇帝の配下として伝説の海賊・シルバーが立ちはだかる。
ensaga563.jpg
シルバーは元の身体、シルバードラゴンに戻り襲ってきたが、留守番をせず追ってきていたブッチャーが加勢して倒す。

しかし目の前には巨大なアビスが完成しつつあった。セルマはもう封じる事はできないので、このアビスに乗り込もうと提案。
セルマはまた、この巨大アビスでの黄金の皇帝の目論みは三邪神の一神・サルーインの力を取り込むためと説明。

サンゴ海に生まれた超巨大アビス・・・・・・皇帝は破壊神サルーインを倒すためアビスに身を投じた。
だが、サルーインを封じる大結界に向かうアビスの闇は深く濃かった。
恐れは邪悪を呼び皇帝たちの心は闇に侵された。そして・・・・・・

次回ストーリー「暴君!悪行の限りを尽くせ!」
2015/01/25(日) 11:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回ストーリー→背徳の宴!レオニード城!

(エンサガ ストーリー一覧)

(河津秋敏氏書き下ろしシナリオ)
ensaga552.jpg

聖杯の力により白銀の皇帝の意識が過去、死食から生き残って四魔貴族の勢力に勝った聖王アウレリウスと一体化する。
この時の聖王はビューネイと対峙する所だった。
ensaga553.jpg

聖王はグウェインの母・ドーラの協力を得てビューネイ軍と戦う。
ensaga554.jpg

聖王の配下、聖王十二将達も活躍。
聖王三傑の1人、フェルディナント(ミカエル、モニカ、ウォードの祖先)。
ensaga555.jpg

途中、左手を失った十二将の1人オトマンに銀の手を与える聖王。
ensaga556.jpg

聖王達は激闘の末、ビューネイ軍を撃破。
ドーラ「協力はここまでだ。ビューネイ亡き今、人間なぞと群れる意味はない。」
聖王「ドーラ、私達の道はここで別れてしまうの?」
ドーラ「地を這う虫けらどもと、天空を舞う我ら竜の道は、そもそも交わってなぞいないのだ。
再び我が前に現れれば、その時は涙ではなく血を流すことになるぞ。」
聖王「ドーラ。あなたの大きな背中を決して忘れない。ありがとう。」
ドーラ「感謝など、くだらぬ事だ。」

聖王と別れた後、ドーラは略奪のため人間を襲うようになり、仕方なく聖王は軍を率いてドーラを討つ。

聖王『私はドーラを倒さねばなりませんでした。人を害する竜を殺す。それは、王としての務めだったのです。』
ドーラの巣――卵をかかえる聖王。
パウルス「卵は全部割るのだ。子竜は全部殺せ!」
聖王「そこまでしなければならないのですか、パウルス将軍。」
パウルス「ドーラによる被害をお忘れですか?竜と人は共存できません。」
・・・聖王が抱えた卵から子竜が産まれる。
聖王「まあ。」
フェルディナント「この子竜、聖王様を母親だと思っているようですね。」
聖王「私が、母親・・・」
パウルス「聖王、その子竜をお渡しください。もしくはご自分で始末なされるか。」
フェルディナント「パウルス!聖王様を母と慕えば、それが竜でも聖王様のお子様と同じだ。聖王様のお子を殺せと言うのか!」
パウルス「なんとも。めでたいな、フェルディナント。そんな風だから、貴公は私に勝てなかったのだよ。
その竜をどうするかは、聖王のご随意に。しかし、間違いなく後の災いになりますぞ。」
フェルディナント「たとえ竜でも、子供はかわいいですな。」
ensaga557.jpg

次回ストーリー「集結!海賊大戦争!」

今回のストーリーはサガシリーズの生みの親・河津秋敏氏が手掛けたシナリオなので、他のストーリーと違って公式設定と捉えて良いですね。聖王は女性、と。
2015/01/25(日) 10:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2015アジアカップ準々決勝
日本1(PK4-5)1UAE

うーーん、負けてしまった・・・
序盤のギアがトップになってない内に先制されたのが命取りだったな。
これは明らかに中2日連戦の影響だろうな。
そんなタイトなスケジュールなのに4試合連続でA代表のスタメンが同じなんて初めて見たかも←これが大きな敗因かと。
グループリーグ3試合目で3試合連続同スタメンというだけでこれはスタメン陣の蓄積疲労でこの先ヤバイと思ったのに、まさかの2日後の今日も同スタメン。
聞いた時は眉間にシワがよりました。ベンチメンバーは信用されてないですね。
こんな使い方だとなんか選手層凄い薄い印象。色んな選手をうまく使ってほしかった。
就任当初から人選が謎だなあアギーレ監督・・・

まあアギーレ監督はこの結果以外の問題で更迭ですかね?
結果も出なかったしそれで良いかと。

大迫、柿谷、原口、細貝等々今回呼ばれてない海外選手ももっと代表で見たいですね~。
Jからは・・・うーん、Jでは普通に活躍できる豊田とか武藤でも代表ではあんな感じですから・・・あまり代表で見たいって選手はいないかも・・・。
あ、今代表で見たいJリーガーは俊輔、トゥーリオ・・・日本代表の方針では絶対呼ばれないな。
去年のW杯見る限りでは他の国は余裕で30代中~後半の選手が活躍してるんだから入れても良いと思うんですけどね。
2015/01/23(金) 22:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
動向が決まってなかった阪神・鳥谷も残留するとの事で、だいたい一段落ついた今季のシーズンオフ。

各球団どれだけメンバーが変わったのかな?と思って入退団者を調べてみました。

(in印以外は退団者)
巨人
高木 康成
越智 大祐
石井 義人

阪神
久保田 智之
日高 剛
建山 義紀
新井 貴浩→広島

広島
in 黒田 博樹←メジャーリーグ
横山 竜士
梅津 智弘→楽天
キラ・カアイフエ
ブライアン・バリントン→オリックス
キャム・ミコライオ→楽天

中日
三瀬 幸司
小林 正人

横浜
中村 紀洋
藤井 秀悟
藤江 均→楽天
ホルヘ・ソーサ
トニ・ブランコ→オリックス
エンジェルベルト・ソト
FA 金城 龍彦→巨人

ヤクルト
押本 健彦
岩村 明憲→福島(BCリーグ)
FA 相川 亮二→巨人

ソフトバンク
in 松坂 大輔←メジャーリーグ
岡島 秀樹→横浜
江尻 慎太郎

オリックス
in 中島 裕之←メジャーリーグ
平井 正史
高橋 信二→信濃(BCリーグ)
東野 峻→横浜
八木 智哉→中日
ウィリー・モー・ペーニャ

日本ハム
in 田中 賢介←メジャーリーグ
赤田 将吾
稲葉 篤紀
金子 誠
多田野 数人→石川(BCリーグ)
FA 大引 啓次→ヤクルト
FA 小谷野 栄一→オリックス

ロッテ
里崎 智也
セス・グライシンガー
クレイグ・ブラゼル
G.G.佐藤
荻野 忠寛
FA 成瀬 善久→ヤクルト

西武
小林 宏之
川崎 雄介
山崎 浩司→楽天

楽天
ケビン・ユーキリス
ブライアン・ファルケンボーグ
アンドリュー・ジョーンズ
ジョン・ボウカー

ざっと挙げただけでこんな感じ。
なるべくプロ野球関係ニュース見てますけど、把握してなかった入退団選手何人かいるなあ。
2015/01/18(日) 13:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回ストーリー→天空!ビューネイ軍襲来!

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga546.jpg

セルマはレオニード城に行けと進言。モニカが案内役に。
ensaga551.jpg
ensaga548.jpg
セルマはレオニードの持つ聖杯には新月の夜、杯に聖王の血が生まれ、その血を飲めばビューネイの実体がいる守られた過去に行けると言う。

道中、皇帝はメドゥーサの毒に侵されて重体になってしまう。
するとセルマの身体が透明になっていく。
セルマ「くっ......うぅ......ごめんなさい。こ、これ以上......進めそうにない......」
キャット「か、体が消えかかってる!!セルマ、あんたってもしかして......?!」
セルマ「ええ......私は未来から来た。でも今、あなたは命を失おうとしている。だから私は......
ensaga549.jpg

仲間たちは急ぎレオニードの元へ。
ensaga550.jpg
聖杯の水の力で皇帝は回復。

白銀の皇帝は黄金の皇帝が放った暗殺者・ダークの襲撃を退け城を脱出。
そして新月の夜・・・・・・月光に照らされた聖杯に神聖なる鮮血が生まれる。

次回ストーリー「ロマンシング サ・ガ3 ZERO」
2015/01/18(日) 12:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回ストーリー→救え!愛と哀しみのムー

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga541.jpg

ビューネイの居城「万空殿」へ進撃するため、グゥエインに協力を求む。
ensaga542.jpg
白銀の皇帝「ビューネイを倒したい。」
グゥエイン「俺は竜峰ルーブの巨竜ドーラの子、グゥエインだ。ニンゲンになど、従わぬ。」
白銀の皇帝「お前だけが頼りだ。」
グゥエイン「だがたしかに、ビューネイが我が空を侵すのは我慢ならん。いいだろう、背にのれ。」

途中、黄金の皇帝の配下が現れる。
ensaga543.jpg
白銀の皇帝「セルマとは、誰だ?」
別次元のキャット「知る必要ないわ。あんたはセルマに会うより前に、【六神将】に殺される。」

白銀の皇帝は六神将を倒していくが、ロックブーケにそれは幻体だと告げられる。
白銀の皇帝「幻体とはいえ、これですべての【六神将】を撃破した。残すはビューネイのみ!万空殿に向かうぞ!」
???「けれど、あなたは......まもなく死ぬ。」
白銀の皇帝「誰だ?!」
ensaga544.jpg
白銀の皇帝「お前が......セルマか?」
セルマ「詳しい話は後よ。ビューネイが【万空殿】の上層部に逃げる前に倒さないと!」

グゥエイン「世界が混沌に堕ちるはるか昔、聖王は我が母ドーラと共に、ビューネイを倒した。
だが冷酷にも、聖王は力を貸した母を......殺した。ニンゲンは勝手な生き物だ。
聖王に母を奪われた俺は、生まれた瞬間から独りだった。この虚無......お前には分かるまい。
俺は母の体温すら知らぬ。果たして、母は俺を愛していたのか......それすら分からぬ。
俺を独り残してまで、なぜ、母は聖王と戦い、死んだ?俺は母の想いを知りたい。
故に、俺はこれよりお前の敵となる。村を焼き尽くし、ニンゲンを喰らう!」

孤独の闇を振り払うかのように暴れ狂い、村を焼き、人々を襲った・・・・・・グゥエイン。
皇帝はグゥエインを倒さざるを得なかった。
白銀の皇帝「なぜだ?なぜ、こんな真似を・・・・・・?」
グゥエイン「母の気持ちがようやく判った・・・・・・滅びゆく定めならば、せめて友の腕の中で・・・・・・」
白銀の皇帝「グゥエイン・・・・・・」
ensaga545.jpg

ニンゲンに・・・・・・友に討たれることでしか母を感じることができなかった。
だが皇帝には、グゥエインの死を悼む猶予はなかった。
もはや地には一条の光すら射さぬほど、空を埋めるビューネイ軍の数は増した。

次回ストーリー「背徳の宴!レオニード城!」
2015/01/18(日) 11:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回ストーリー→出撃!冥王デス&死霊軍!

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga536.jpg

ensaga537.jpg

しかし鉱石は凶暴なムーが出現中の雪原を越えなければならない。
まずムー語が分かるサイクロプスを仲間に。
ensaga538.jpg

そして雪原でムーを遭遇。
ensaga539.jpg
サイクロプス翻訳「ぜったいにココを守る!さっさと帰れ!一歩も立ち入らせない!友だちは帰ってくる!それまで、ボクはここを守る!エイリークは戻る!」
エメラルド「このムーを飼育していたサイゴ族のことかと。おそらく、どこかに出かけた後、戻らなかったのでは?」

出会ったハムバの言葉では東の村に記憶喪失の流れ者が住んでいるとの事。
その村でエイリークに会う。
ensaga540.jpg
頭に衝撃を負い記憶喪失になっているエイリークにキャットが拳で頭に同じ衝撃をお見舞い。
記憶を取り戻すエイリーク。
エイリーク「まさか、メルヴァが私を?!皆と越冬地に行かずに、私を待っているのか?!」

エイリークと共にムーの元へ。
エイリークとムーが会話。
エイリーク「メルヴァよ、お前はなぜ、みんなと一緒に行かなかった?なぜ、私を待っていた?」
ムー「ボクが守らなかったら、エイリークの帰る場所がなくなっちゃう!戻ってきて欲しかったから!」
エイリーク「メルヴァ、お前、まさか......!私のテントを守ってくれたのか!?この極寒の地で......!?」

ムーとエイリークを引き合わせ、大氷原に到達した皇帝は、ついに【次元転移装置】修復に必要な鉱石を入手した。
しかしその時、上空には死の匂いが広がっていた。
鋭い爪・・・・・・禍々しき翼・・・・・・
空は残忍な竜の軍団に埋め尽くされ、大地は闇となった。

次回イベント「天空!ビューネイ軍襲来!」
2015/01/18(日) 11:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2015アジアカップ(オーストラリア)、日本の初戦パレスチナ戦は4-0で危なげなく勝利。

でもその前夜にスポルティング(ポルトガル)の田中順也がリーグ戦初ゴール、しかも劇的な場面でのフリーキックゴールを決めた事の方が嬉しいですね。
翌日のポルトガルスポーツ各紙はみんな田中順也が1面だとか。
まあ5位ブラガ×4位スポルティング・リスボンの上位対決アウェー試合の0-0での後半48分のラストプレーだったらしいのでそりゃ注目されるか。
昨夏に移籍してここまで微妙な使われ方してたから、これでもっと出番が増えれば良いですね。


結果的にアジアカップの代表に選ばれなくて良かったですね。
ところで田中順也って優秀なフリーキッカーってイメージはないですけどこれはゴラッソですね。
柏はFKはジョルジ・ワグネルとかレアンドロドミンゲスが蹴ってたから気づかなかったのかな?
2015/01/13(火) 20:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ensaga532.jpg
って何故か締めはブッチャー。

ロマンシングレアなるレアリティのカードが登場。
アスラ道場勝ち抜き戦でカードをセットして勝ち抜き戦を行うとランダムで自分の奥義以外の2つ目の奥義を会得。
ensaga533.jpg

勝ち抜き戦、こんな感じで戦ってます。回復役不足です・・・そこまで重ねてないエルマリアと白薔薇しかいない。大将にいないし。
回復役は他にロックブーケワラスボやエレノアは一応持ってますが、ちょっと弱すぎて入れられないです。
引き付け役のURツヴァイク公とURバーバラは無形の位10+バックラー回避1とか、あまり完璧ではないです。
遠距離の面々にはスタン系や技封じ系を多く継承させてます。
ensaga534.jpg
平均勝ち抜きは115戦くらいですね。
少ないと100戦ちょっと、多いと130戦くらいで、今の所ノーコンテニューで一番行ったのはそれぞれのパーティが凄く粘って159戦。
上の方の方々はノーコンで500戦とか行くらしいですね・・・それ1回1回のプレーが大変だろうな。
ensaga535.jpg
↑勝ち抜き戦が終わる毎にセットしたロマンシングレアのカードが、決まった何種類かの中から奥義を覚える。
2015/01/03(土) 22:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
<J1>
<J2>

<J3>
 

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表