FC2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

訪問数 since2012.04.01
月別アーカイブ
検索フォーム
前回ストーリー→終焉!消え行く城の最後の皇帝-前編-

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga521.jpg

グウェインに乗って光闇の皇帝(シリウス+ソティ)はついに破壊神サイヴァの元へ。
ensaga522.jpg
ensaga523.jpg
ensaga524.jpg

サイヴァとの一騎打ち。
しかしやはりサイヴァは強く苦戦。
そこへ時間とともに次々今まで出会った仲間達が駆けつける。
ensaga525.jpg

仲間達とともにサイヴァ+魔物達を押し返す。
そしてタチアナがヒラガから預かったディステニィストーンを光闇の皇帝に渡しサイヴァを攻撃、封じ込める。
ensaga526.jpg
ensaga527.jpg

タチアナ「あ、光が収まった......ん?サイヴァがいないっ!勝ったんだ!って、シリウスとソティ?」
シリウス「あれ?」
光闇の皇帝になっていた2人が元の姿に。
ensaga528.jpg
ユリアン「冴えない兄貴と無口な妹に逆戻りだな!」
シリウス「う、うるさいっ!」
そこへ聖王(アウレリウス)が。
ensaga529.jpg
シリウス「聖王、ありがとうございます。」
ゴゴゴゴ・・・地響きが起こる
タチアナ「ん?地震??」
聖王「まもなくこの城は消滅します。みなさん、早く立ち去るのです。」

帰路が分からなくなるもディステニィストーンの力で皆を帰す。

タチアナ「さあ、シリウスとソティも石を持ってキグナスに乗った乗った!」
ソティ「............」
シリウス「いらん。」
タチアナ「はぁ?」
シリウス「私達は、ここに残る。」
タチアナ「はいぃ?――!!!」

シリウスとソティの姿がボヤけていく

シリウス「気付いたか?」
タチアナ「シリウスとソティの身体が......」
ソティ「......私達......ベント城の人間。」
シリウス「つまり、この世界の最後の異物――私達もここで消える。」
タチアナ「いやだっ!いやだよっ!!!」
シリウス「今まで楽しかった。本当に助けられたよ。」
ソティ「......ありがとう......タチアナ。」
タチアナ「ダメだよ一緒に帰ろう!!」
シリウス「時間がない、行けっ!」
・・・
シリウス「みんな行ったな。」
ソティ「うん。」
シリウス「ソティ、私達は死ぬのか?」
ソティ「......わかんない。ほら、お兄様、感じる?」
シリウス「ああ。世界が元の姿に戻ろうとしている。そして私達も......」
ソティ「うん。」
シリウス「......ん?人影?」

そこには父・ダイムラーと母・セリティアの姿が。
シリウス「父上......」
ソティ「お母様も......」
セリティア「よくがんばりましたね。」
ダイムラー「これより、ベント帝国最終皇帝の戴冠の儀を執り行う。」
シリウス「......最終皇帝?」
ダイムラー「この世界を救った者達、お前たちこそ皇帝に相応しい。
皇位継承第一位、シリウス、ソティ。頭を垂れよ。」
セリティア「これからも兄妹力を合わせ、頑張るのですよ。」
ensaga530.jpg

サイヴァとの最終決戦
苦戦する光闇の皇帝を支えたのは旅路で出会った仲間であり盟友たちであった。
諸悪を撃退し、再生への道へと進むリーヴ・アース。
使命を果たした双子の皇帝は混沌とともに包まれていった。

ensaga531.jpg

-第3章 光と闇の双子皇帝篇-完
スポンサーサイト
2014/12/31(水) 19:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
<J1>
<J2>

<J3>
 

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表