FC2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

訪問数 since2012.04.01
月別アーカイブ
検索フォーム
前回ストーリー→出撃!冥王デス&死霊軍!

(エンサガ ストーリー一覧)

ensaga536.jpg

ensaga537.jpg

しかし鉱石は凶暴なムーが出現中の雪原を越えなければならない。
まずムー語が分かるサイクロプスを仲間に。
ensaga538.jpg

そして雪原でムーを遭遇。
ensaga539.jpg
サイクロプス翻訳「ぜったいにココを守る!さっさと帰れ!一歩も立ち入らせない!友だちは帰ってくる!それまで、ボクはここを守る!エイリークは戻る!」
エメラルド「このムーを飼育していたサイゴ族のことかと。おそらく、どこかに出かけた後、戻らなかったのでは?」

出会ったハムバの言葉では東の村に記憶喪失の流れ者が住んでいるとの事。
その村でエイリークに会う。
ensaga540.jpg
頭に衝撃を負い記憶喪失になっているエイリークにキャットが拳で頭に同じ衝撃をお見舞い。
記憶を取り戻すエイリーク。
エイリーク「まさか、メルヴァが私を?!皆と越冬地に行かずに、私を待っているのか?!」

エイリークと共にムーの元へ。
エイリークとムーが会話。
エイリーク「メルヴァよ、お前はなぜ、みんなと一緒に行かなかった?なぜ、私を待っていた?」
ムー「ボクが守らなかったら、エイリークの帰る場所がなくなっちゃう!戻ってきて欲しかったから!」
エイリーク「メルヴァ、お前、まさか......!私のテントを守ってくれたのか!?この極寒の地で......!?」

ムーとエイリークを引き合わせ、大氷原に到達した皇帝は、ついに【次元転移装置】修復に必要な鉱石を入手した。
しかしその時、上空には死の匂いが広がっていた。
鋭い爪・・・・・・禍々しき翼・・・・・・
空は残忍な竜の軍団に埋め尽くされ、大地は闇となった。

次回イベント「天空!ビューネイ軍襲来!」
スポンサーサイト
2015/01/18(日) 11:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
<J1>
<J2>

<J3>
 

プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表