fc2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

月別アーカイブ
<シィレイ編5話 夢想の園>

シィレイと鬼八は神王衆のアジトから西方にある、巨大な砂の遺跡を見下ろす高台で琵琶を持ち去ったマレを発見。
そこは神王教徒と教主が暮らしていた所だった。
思い出の場所に来たものの、途方に暮れていたマレは一度は琵琶を返すと言う。

そこへ助太刀に来たリアムとリャオ・ユウの姿を見て、マレはかつて彼らが神王教団を滅ぼした人物だと思い出す。
romasagars360.jpg

願いができたというマレが弾いた琵琶の力で異空間へ転移させられるシィレイたち。
romasagars361.jpg

当時、マレは神王教団の教主ラゼムに近しい役割をしており、ラゼムに心酔していた。
romasagars362.jpg

ラゼムを取り戻すため、自らに力をという願いを叶える琵琶。
romasagars363.jpg

romasagars364.jpg

シィレイたちは異形と化したマレを退けるも夢の世界からは出られず。
傍らにあった琵琶に近づくと琵琶は壊れ、禍々しい気配が立ち込め『弦魔』が姿を現す。
romasagars369.jpg

シィレイの持つ琵琶の力で弦魔は眠りにつく。
リアム「マレ・・・マレ!」
マレ「・・・やっぱり願いなんてかなうわけないよな。」
リアム「どうしてラゼムを生き返らせたいって願わなかったの。」
マレ「それじゃあだめだ。またラゼム様を失ったらそれで終わりだ。
何度でも蘇らせる。そのためには俺に力がなくては。」
リアム「僕、事件の解決のために教団の秘密を暴いたこと正しかったと思ってる。
でも、僕のせいで苦しんだ人もいるってことちゃんと覚えておくよ。」

マレの頼みでシィレイは琵琶を弾く。その音はラゼムの姿をマレに見せる。
romasagars365.jpg
マレ「・・・なんだ・・・・・・ぜんぶ・・・夢だったのか・・・・・・・・・よかった。」
マレは満足そうに眠りについた。

その後――
リアムたちはクラヴィスでいつもの生活に。
romasagars366.jpg

シィレイと鬼八――
romasagars367.jpg
シィレイ「やはり私にできるのは、誰かの詩を歌うことだけだ。」

romasagars368.jpg
シィレイ「どこへ?」
鬼八「それはお前さんが決めなよ。アタシは用心棒。ついていくだけ。
あっ、仕事だからね。しっかり金は払えよな。1オーラムもまけないよ。」
シィレイから財布を奪い勘定しにいく鬼八。

シィレイ「・・・さて、どこへ行こうか。」
romasagars370.jpg

シィレイ編 完

END

ロマサガRS ストーリー一覧

スポンサーサイト



2024/01/08(月) 10:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<シィレイ編4話 真王衆のアジト>

神王衆のアジトでダリアスに使わされたジャン、BaICが合流。
romasagars353.jpg

城の1階でBaICが暴れている隙にシィレイたちは上階へ。
そこで捕らわれていたイーリス族・エアを救出し案内してもらう。
romasagars354.jpg

神王衆お頭とご対面。傍らには神王衆の一員のマレの姿も。
romasagars355.jpg

お頭はシィレイに代わりの琵琶をやると交渉。
目の前にある『願いが叶う琵琶』を手に取り、代わりの琵琶を出そうとするお頭。
シィレイとマレは制止するも、お頭は弾いてしまう。
するとお頭の身体に黒いモヤがまとわりつき・・・龍へ変貌
romasagars356.jpg

シィレイたちは龍を討伐。ドサクサにまぎれて琵琶はマレが持ち去ってしまう。
BaICは報告のためクラヴィスへ。
ジャン、エアは琵琶の影響で魔物化した神王衆たちを討伐しに再び城内へ。

鬼八「さて、どういうことだ。奴ら・・・琵琶を弾いたら魔獣になっちまったぞ。
お前、何かしたのか?それとも琵琶のせい?ワケ分かんない!!」
シィレイ「だから止めたんだ。お頭は喰われた。お前も見ただろう。」
鬼八「ああ見てたよ。願いを叶える琵琶なんてやっぱり嘘だってな!
アタシを振り回して楽しいかよ。
ずっとそうだ。お前はすました顔して大事なことは一つも言わない。
アタシはバカだからさ。他人の考えてることなんて分かんないよ。
ちゃんと言ってくれよ。そんで、ちゃんと守らせろ。」
シィレイ「・・・私にだって分からないさ。
romasagars357.jpg
鬼八「だーかーら、アタシが分かるように簡単に言えってば!」
シィレイ「力を貸してくれ、鬼八。」
鬼八「バーカ。」

シィレイ、鬼八は西へ去ったらしいマレを追う。

END

ロマサガRS ストーリー一覧

2024/01/03(水) 10:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<シィレイ編3話 山賊の墓場>

シィレイと鬼八はソルドの村から東へ。
道中、人気のない山道にある一軒家にいた商人から中身の無い荷物の配達を受ける。
romasagars347.jpg

届け先の墓守の家に到着。年老いた墓守曰く、荷物には不老長寿の薬が入ってるという。
夜になっていたので家に泊まらせてもらうと、そこには同じく宿泊していた異界の戦士たちが。
ティフォン
romasagars348.jpg
ラベール、ティシサック
romasagars349.jpg

墓守に宿泊の代わりにと墓地の掃除等を何日もさせられる一行。
墓地には毎日熱心にお祈りしに来る娘の姿も。
しかしその娘は日に日にやつれていく・・・

そんなある日、墓守の家が魔獣に襲われ不老長寿が入った?荷物も無くなっていた。
更に墓地へ行くと毎日来ていた娘が祈っていた墓が掘り返されていた。

墓の奥で娘は悪霊と化している母親に不老長寿の薬の荷物を差し出すも、中は空。
怒った悪霊は巨大化し娘を襲う。シィレイたちはその悪霊を撃退。
romasagars350.jpg

異界の戦士たちとはお別れし、シィレイと鬼八も目的地へ移動。

その後・・・墓守にマレという者が訪れる。
romasagars352.jpg
マレ「あの不気味な琵琶の主か・・・外からの客はいつも不幸を運んでくる。今度こそ、守らなくては・・・。」

END

ロマサガRS ストーリー一覧

2023/11/25(土) 19:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<シィレイ編2話 北の村ソルド>
北の村、ソルドへ赴いたシィレイ。そこは巨大な石の壁で覆われていた。
知り合った異界の戦士・ミーティアの力で壁を破壊。
romasagars341.jpg

中ではねずみに対抗する女性、鬼八の姿が。
romasagars342.jpg

ネズミを倒すとそのネズミが陰陽師・セイメイに変化。どうやら呪いをかけられていたよう。
romasagars343.jpg

村の奥底で人語を話すネズミ・アルジャーノンを退治。
黒幕はマルディアス世界の邪神サルーイン復活を企むミニオン・ワイル。
ワイルはアルジャーノンを見捨てて去る。
romasagars344.jpg

アルジャーノンから琵琶の情報を得る。
romasagars345.jpg

実はシィレイが琵琶を盗まれたのはとある酒場で居合わせた鬼八のせい。
romasagars346.jpg
シィレイ「盗まれたのは君のせいだぞ。君がケンカを吹っ掛けてくるから。
そうだ。これから神王衆のアジトへ行くんだが、用心棒がほしかったんだ。着いてこい。」
鬼八「はあ?誰が行くか!」
シィレイ「弱い奴ほどよく吠えると言うからな。私を守りきる自信がないなら仕方ないな。」
鬼八「~~~ッ、クソ!」
歩いていくシィレイの後を付いて行くことにする鬼八。

END

ロマサガRS ストーリー一覧

2023/11/06(月) 20:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<シィレイ編1話 詩人シィレイ>
扉の出現や昏睡事件が解決し、世界は少しずつ日常を取り戻す。
異界の戦士たちはクラヴィスに残り、元の世界に帰る方法を探す者や各地へ旅に出る者など様々。

romasagars334.jpg

各地を放浪し異界の戦士記を歌う評判の詩人・シィレイはとある村で琵琶を盗まれてしまう。
神王教団の残党の仕業とつきとめ、神王教団を潰したクラヴィスを訪れる。
romasagars335.jpg

神王教団の残党"真王衆"の情報を伝えるダリアス。
romasagars336.jpg

各地に拠点となる隠れ家を持つ真王衆。
シィレイに協力することにしたダリアス、アーニャは隠れ家と噂されるグレートアーチのバッハロー公の屋敷へ。
romasagars337.jpg

そこには異界の戦士・フルブライト23世の姿も。
romasagars338.jpg

フルブライトは商品の仕入れ先を明かそうとしないバッハロー公を探りに来ていた。
共に行動し、バッハロー公の私室から屋敷の地下室へ潜入。
そこではブルニやアスラナ・メレク等、芸術家が作品を作っていた。
romasagars339.jpg

バッハロー公は芸術家たちを奪われるのを恐れてフルブライトに存在を隠していた。
その裏で、神王衆と取り引きもしていた。

しかしこの屋敷に琵琶は無く、ブルニからの情報で次は北方へ。
romasagars340.jpg

END

ロマサガRS ストーリー一覧

2023/11/04(土) 17:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
訪問数 since2012.04.01
検索フォーム