fc2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

月別アーカイブ
<星読頭シン・ドゥとアビスの息吹>
romasagars22.jpg

バートランドの目的は・・・
romasagars23.jpg

イーヴリンは東の悪しき魔女の時の根城へ行き、ダーハオが"魔女の娘"の一人だった事を思い出す。
romasagars24.jpg
romasagars25.jpg

各地に呪われし者が現れ、現代や歴代の戦士たちが対応。

ジョーたちを倒したはずの泥の国の兵士が襲いかかってくるも撃退。女王トゥ・クアイの呪いを聖王が浄化。
romasagars26.jpg
トゥ・クアイ「だが奴は我らに土くれの肉体と泥の心臓を与え、復活させた。
我らは奴の呪縛によって生かされるだけの、おぞましい存在と化した。
・・・だが・・・これで終わる。ようやく・・・皆と共に死ねる・・・ありがとう。」
ボルカノ「待て・・・奴とは誰だ!?お前を・・・泥の兵士たちをそんな目にあわせたのは・・・!」
トゥ・クアイ「オリアクス・・・今は星読頭ジン・ダーハオと同化したアビスの魔物だ・・・。」

呪われし者と戦い、一時退却していたゼノンやシン・ドゥたちの前にダーハオ(イゴマール/オリアクス)が現れる。
romasagars27.jpg
ダーハオから攻撃を受けるも、その直後ダーハオの透けた身体がイゴマール(オリアクス)と分離。
romasagars28.jpg
ダーハオ「「お前と生かす」・・・そう言ったでしょ。」
シン・ドゥ「・・・ダーハオさ・・・ま?」
ダーハオ「アストロダイスよ、我に天啓を・・・。」
romasagars29.jpg
ダーハオは最後の力を振り絞ってイゴマール(オリアクス)の自由を封じた。

その頃・・・
飛竜に乗って現れたバートランドを追って一騎打ちをするも及ばなかったジョー。
二人に追いついたポルカたちが応戦。
romasagars30.jpg
リズ「お兄ちゃん、一緒に戦って。バートにジョーを殺させないために。あの子を止めなきゃ。」

ダーハオはシン・ドゥにあの時"魂継ぎの儀"は正しく行われたと言う。自分を疑う心があるからうまく発現していないだけだ、と。
ダーハオは同化していたイゴマール(オリアクス)に"魂接ぎの儀"と思わせるため芝居をしていた。
ダーハオ「やがて私の記憶も継がれる。私が何のために戦い、死んでいくのかを・・・お前は知る。自分を信じなさい。」
romasagars31.jpg
ダーハオ「そして私の正当な後継者、お前は星読頭シン・ドゥとなる・・・。
今度こそ、ホントにお別れみたいね。」
シン・ドゥ「嫌です!吾輩はもっと・・・ずっとダーハオ様のもとで学び、その背中を追って・・・!」
ダーハオ「自分の最期には絶世のイケメンに泣かれながら・・・そんな夢もあったけど、
弟子の涙で見送られるのも悪くないわね。ありがとう・・・シン・ドゥ・・・。」
ダーハオの身体が消え去る。

直後、術を破ったイゴマールにシン・ドゥが先ほどダーハオが使った術を放ち、再び自由を奪う。その隙に全員退却。
romasagars32.jpg

ジョーが気が付くとリズたち全員が倒れていた。解かり合えないと判断したジョーは宣戦布告。
romasagars33.jpg

END

ロマサガRS ストーリー一覧

スポンサーサイト



2021/04/03(土) 17:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
訪問数 since2012.04.01
検索フォーム