fc2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

月別アーカイブ
<ディミルヘイム編 第11章 黒幕>

リベルたちはアクィラとギジェルミナに追いつく。
狡猾な戦術で戦うアクィラに苦戦していると、背後からアクィラを狙う人影が。
???「黄泉の水底より戻り、天の裁きを届けにきた。因果の報いを知れ、アクィラ――
insaga179.jpg

体勢を崩したアクィラに一斉攻撃を仕掛け、最後はR3Xが奥義で致命傷を与える。
死の間際、アクィラは自分に魔物を従わせる力の知識が何故あるのか分からず、更に自分は既に死んでいる事に気づく。
アクィラ「――ならば私は、誰なのだ?
insaga180.jpg
消滅するアクィラ。そしてR3Xは活動限界を向かえ、変身が解けるとそこにいたのはシャビエル・バルガス。
アクィラに切られ海に身を投げたバルガスはDr.クラインの乗る潜水艦に救助され、改造手術を受けて人工心臓を移植されサイボーグ化していた。

バルガスはギジェルミナを救出するために来たといいリベルたちとは敵対せず。
insaga182.jpg
しかしアクィラの儀式は完了しており、ギジェルミナの身体は透明になって地に沈み込んでいく。

そしてアクィラが倒れた場所からは異形の魔物が現れる。
insaga183.jpg
魔物は死者の記憶をなぞり、自分の身でアクィラを模造していたと言い、全ての魔物の長ジュディスと名乗る。

ミルリクは母のゾハル神から教わった伝承から、ジュディスはアルタメノス建国前にこの世界を支配していた邪悪の女王だという。
insaga186.jpg
ゲートの力は5つの聖石に宿り、五人の吟遊詩人が受け継ぐ。
二百年後、何者かがマグダレーネを目覚めさせ、大地は蹂躙される。
その十三年後に五大詩人の力を継承した者たちがマグダレーネを討つ。
しかしその2年後、当時の詩人たちが次々と命を落とす。

その元凶が魔物を総べるジュディスだった。
ジュディスはマグダレーネを解き放った魔女。
その際にマグダレーネから委譲してもらった権能のひとつ・死者の魂を覗き、記憶を暴く力で詩人たちは討たれた。

その能力に気づいた当時の水の詩人・マイムは誰にも作戦を明かさずジュディスと対峙し倒す。
マイムは秘石を継ぐ次の詩人を決め、放浪王ブラートを復位させる。
5人の詩人はそれぞれ国を興し、その詩人たちをまとめる君主ブラート。
これがアルタメノス建国の歴史。とミルリクは語る。


以前ミルリクが視た真影帝国の起源時、ラモラール帝を操り言動させていたのはジュディスだと悟る。
insaga185.jpg
魔物を操る能力もあるジュディスは大亡星獣ズィガエナも従わせ、絶対女王となると言う。
そして今リベルたちが立っている地こそズィガエナだと告げる。

END

インサガEC ストーリー一覧


スポンサーサイト



2023/08/11(金) 13:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
訪問数 since2012.04.01
検索フォーム