fc2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

月別アーカイブ
<ディミルヘイム編 第12章 愛別③>

その後・・・アルタメノス帝国と真影帝国が会談。
ギジェルミナは命と引き換えに臣下たちの助命を求む。
アデルは東西に分かれたアルタメノス帝国が犯した過ちの清算だと言う。
insaga203.jpg
ギジェルミナは毒の瘴気が消えたエキドニアに自治領を拓くことが認められ、真影帝国という名を廃しカブラ一党と名乗る。


リベル、ミルリク、ジニー、ミーティアはリベルが長く眠っていた聖廟を訪れる。
リベルがいた場所には樹が生えていた。
そこで、一行はアモルの気配を感じる・・・
insaga204.jpg
リベル「君に見守られているなら、もう情けない顔はできないな。旅を続けるよ、アモル――」
insaga205.jpg


夜・・・アデルは城の上方で吟遊詩人ハオラーンの姿のエロール神と密会。
ジュディスに力を与え、前世界から今世界にアデルらを引き寄せた存在など懸念点を話し合う。
insaga210.jpg

"アンリミテッド"イスカンダールは『文明を認識すると蝕み破滅させる混沌の勢力』に警鐘。
insaga208.jpg

聖王アウレリウスは『魔王、宿命の子を求めている魔貴族たち』がいると情報を伝える。
insaga209.jpg

アデル「リベル殿を助け、このディミルヘイムを守り抜く。そのためなら何を惜しむことなどあろうか。」
イスカンダール「私もアンリミテッドの能力が減衰しきる前に、できる手は打ってみよう。この世界に骨を埋める覚悟だ。」
聖王「三傑を呼び寄せ、戦いに備えましょう。魔王は必ず、同じ宿命の子の性を背負った私が押しとどめます。」
insaga207.jpg
ハオラーン「ならば私も、光の神へと戻る算段を探り求めるとしましょう。不可能を可能に、絶望を希望に変えるために――」
エロール神、イスカンダール、アウレリウスはその場から去る。
アデル「リベル殿を頼んだぞ、ミルリク。我が魂と結ばれたきょうだいよ――」

ディミルヘイム編 完

インサガEC ストーリー一覧

スポンサーサイト



2023/08/30(水) 10:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
訪問数 since2012.04.01
検索フォーム