fc2ブログ
プロフィール

Author:すった
観戦記ホームページ↓
球技放浪記 野球
球技放浪記 サッカー

月別アーカイブ
前回ストーリー→背徳の宴!レオニード城!

(エンサガ ストーリー一覧)

(河津秋敏氏書き下ろしシナリオ)
ensaga552.jpg

聖杯の力により白銀の皇帝の意識が過去、死食から生き残って四魔貴族の勢力に勝った聖王アウレリウスと一体化する。
この時の聖王はビューネイと対峙する所だった。
ensaga553.jpg

聖王はグウェインの母・ドーラの協力を得てビューネイ軍と戦う。
ensaga554.jpg

聖王の配下、聖王十二将達も活躍。
聖王三傑の1人、フェルディナント(ミカエル、モニカ、ウォードの祖先)。
ensaga555.jpg

途中、左手を失った十二将の1人オトマンに銀の手を与える聖王。
ensaga556.jpg

聖王達は激闘の末、ビューネイ軍を撃破。
ドーラ「協力はここまでだ。ビューネイ亡き今、人間なぞと群れる意味はない。」
聖王「ドーラ、私達の道はここで別れてしまうの?」
ドーラ「地を這う虫けらどもと、天空を舞う我ら竜の道は、そもそも交わってなぞいないのだ。
再び我が前に現れれば、その時は涙ではなく血を流すことになるぞ。」
聖王「ドーラ。あなたの大きな背中を決して忘れない。ありがとう。」
ドーラ「感謝など、くだらぬ事だ。」

聖王と別れた後、ドーラは略奪のため人間を襲うようになり、仕方なく聖王は軍を率いてドーラを討つ。

聖王『私はドーラを倒さねばなりませんでした。人を害する竜を殺す。それは、王としての務めだったのです。』
ドーラの巣――卵をかかえる聖王。
パウルス「卵は全部割るのだ。子竜は全部殺せ!」
聖王「そこまでしなければならないのですか、パウルス将軍。」
パウルス「ドーラによる被害をお忘れですか?竜と人は共存できません。」
・・・聖王が抱えた卵から子竜が産まれる。
聖王「まあ。」
フェルディナント「この子竜、聖王様を母親だと思っているようですね。」
聖王「私が、母親・・・」
パウルス「聖王、その子竜をお渡しください。もしくはご自分で始末なされるか。」
フェルディナント「パウルス!聖王様を母と慕えば、それが竜でも聖王様のお子様と同じだ。聖王様のお子を殺せと言うのか!」
パウルス「なんとも。めでたいな、フェルディナント。そんな風だから、貴公は私に勝てなかったのだよ。
その竜をどうするかは、聖王のご随意に。しかし、間違いなく後の災いになりますぞ。」
フェルディナント「たとえ竜でも、子供はかわいいですな。」
ensaga557.jpg

次回ストーリー「集結!海賊大戦争!」

今回のストーリーはサガシリーズの生みの親・河津秋敏氏が手掛けたシナリオなので、他のストーリーと違って公式設定と捉えて良いですね。聖王は女性、と。
スポンサーサイト



2015/01/25(日) 10:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント:
コメント:を投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント:
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバック:する (FC2 blog user only!)

この記事へのトラックバック:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
訪問数 since2012.04.01
検索フォーム